三康病院で働く、事務スタッフの方々に
インタビューを行いました!

医事課

インタビューIさん

インタビューQ1

A.

医療資格をもっていませんでしたが、人の健康に貢献できる仕事がしたいという思いがきっかけで、入職させていただきました。入職してからは、そこまで大きい病院ではないこともあり、職員同士の距離が近く、とても働きやすい職場だなという印象を持ちました。

 

インタビューQ2

A.

現在は医事課に所属しており、主に受付業務と会計業務を行っています。正確に会計業務を行うためには、医療費の算定ルールというものを覚える必要があります。とても大変ですが、覚えた知識を仕事に活かすことができた時は、やりがいや面白さを感じることができ、モチベーションにも繋がっています。

 

インタビューQ3

A.

上長との距離が近く、分からないことや困っていることがあれば、先輩方がすぐに助けてくれます。アットホームな雰囲気という言葉がぴったりな職場環境だと思います。

 

 

インタビューNさん

インタビューQ1A.

入職当初は、看護事務として勤務させていただいていました。患者さまと、とても近い距離感の仕事で、透析医療を目の当たりにしていました。透析は入職するまで、どのような医療なのか全くピンと来ませんでしたが、間近で勤務する中で、生きるためにとても大事な治療で、それによって多くの方が、普段と変わりない社会生活を送ることができる医療だということを感じたのを覚えています。

 

インタビューQ2A.

現在は医療事務スタッフとして、透析治療のみの施設で勤務しています。透析治療のみの施設とはいえ、患者さまの全身を総合的に管理する必要があるため、利用する薬剤や、内服内容など知識は多く必要です。また、施設の窓口でもあるため、患者さまの医療費支払いの対応や各施設との連携など、業務内容は多岐にわたります。大変なことも多いですが、たくさんの知識を得ることができるだけではなく、患者さまとのふれあいの中で、地域医療に貢献できていることの実感を得られるところにやりがいを感じています。

 

A.

三康病院を中心に、3つの透析施設があり、各施設ごとに医療事務スタッフが勤務しています。離れていることで、連絡など大変な面もありますが、それぞれの施設で各々が責任を持って業務に当たることにより、早期にスキルを高めることができます。各施設の職員同士、連携を取りお互い良い雰囲気で切磋琢磨しています。

 

 

地域医療連携課

インタビューNさん

インタビューQ1A.

医療業界は全くの未知の世界でしたが、自分のような異業種(広告営業)からの転職でもチャレンジさせて頂ける環境と活躍できるステージがあるということを、面接を通じて事前にしっかりイメージできたことが転職を決意する一番のきっかけとなりました。入職前は現場・事務方ともに「最新のテクノロジーを導入している業界」という勝手な印象がありましたが、まだまだマンパワーが支えている現場だということを知りました。

 

インタビューQ2A.

現在「地域医療連携課」に所属しており、主に患者さまが自分に適した医療サービスを受けることができるように、地域の医療機関と連絡を取り合って調整したり支援したりする業務を行っています。病院というある種閉鎖的な環境の中にあって、唯一の対外的な窓口を担っているということに大きなやりがいと魅力、そして責任を感じています。また前職で培った営業の経験やノウハウを活かすことができる部署なので、新しく学んだ知識と既存のスキルを上手く使い分けながら仕事を進めていく面白さがあります。

 

インタビューQ3
A.

部署にもよるかとは思いますが、良い意味で一般企業的な雰囲気を感じます。病院といえども競合に打ち勝つため、また時代に取り残されないよう、いま何をしないといけないのか・・・スタッフ一人一人真剣に考えて日々業務に取り組んでいます。