看護部理念・方針

理念・方針

看護部理念

看護部方針

看護部長ごあいさつ

2020年三康病院は創立40周年を迎えました。看護部長
大阪北摂地域に根差した腎・泌尿器・透析専門病院として、地域のみなさまに支えられてきました。社会が大きく変化する中、私たち職員一同、この変化に対応し、より質の高い医療や看護が提供できるように、日々努力しています。この地域には、三康病院を母体とし、近隣に3つの外来透析施設があり、健栄会三康病院グループとして連携し、協力し合っています。
そして三康病院グループ看護部では、生命の尊厳をまもり暮らしを支える看護を理念とし、看護者の倫理綱領に基づいた看護実践、社会の変化に対応し常に変化し続けられる組織、自律した看護専門職の育成、WLBを推進し働き続けられる職場を方針にあげています。職員が心身共に健康でいることは、良い医療サービスの提供に繋がります。新しい令和の時代、さらにレベルアップした医療、看護を目標に進めていきます。
令和2年、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、世界中の国々が苦境に直面しています。
こんな時こそ私たち看護職は前向きに、この苦境を乗り越えていきたいと思います。

令和2年 4月
三康病院グループ看護部長
認定看護管理者  磯川 薫

健栄会看護部 組織図

看護部組織図

部門紹介