腎臓内科外来

腎臓内科について

腎臓内科では腎臓の働きが低下する腎臓病の診断や治療を行います。
現在、慢性腎臓病の患者数は全国で1,300万人(成人の約8人に1人)とされ、新たな国民病といわれるくらい患者数の増加が問題となっています。
初期には自覚症状がないため気づかれにくい病気ですが、進行すると元に戻す治療法もなく、心不全など命に関わる症状が出てきます。
蛋白尿が腎臓病を早期に発見するきっかけになることがありますので、異常をいわれたことのある方は病気が潜んでいないか検査を受けておくことが大切です。

こんな人は要注意!慢性腎臓病チェック

  • タンパク尿を指摘されたことがある
  • 糖尿病がある
  • 高血圧がある
  • 血液検査でクレアチニンが高い
  • おしっこの色がおかしい
  • むくみがある
  • 夜間、何度もトイレに行く
  • 疲れやすい、息切れする

腎臓内科担当医表(予約制)

午前診
10:30-12:00
安田
午後診
14:00-16:00
平野

*森 龍彦(大阪医科大学附属病院) 第1・3・5週(予約制)
*平野 一(大阪医科大学附属病院) 第1・3週(予約制)

泌尿器科・腎臓内科

  1. 泌尿器科外来

    泌尿器科というと「何となく恥ずかしい」、「痛いことをされそうで不安」そんなイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。…

  2. 腎臓内科外来

    腎臓内科では腎臓の働きが低下する腎臓病の診断や治療を行います。 現在、慢性腎臓病の患者数は全国で1,300万人(成人の約8人に1…

  3. 医療設備について

    泌尿器科・腎臓内科の病気は自覚症状が乏しいため軽く考え受診が遅れがちです。早期に発見し適切な治療を受けることで根治が可能です。当院…

  4. 施設のご案内

    館内の施設をご案内します。 治療が快適に受けられますよう、身体だけでなく心のケアにも全力で取り組んでおります。 そして笑顔で通院…

  5. 外来受診される方へ

    当院では、電子カルテを導入し、受診される方や付き添いの方の待ち時間短縮に努めております。 また診察は、受付順にご案内しております…

  6. 入院・お見舞いの方へ

    入院申込書を受け取り、入院についての説明を受付窓口でお聞きください 入院日当時は必…