シャントへのこだわり

心臓血管外科での経験豊富なドクターによる
最先端の施術技術

シャント外来では、今のシャントを長く使いたいという患者さまのご希望にできる限りそえるように、手術だけでなく血管内治療(PTA)など他の治療法も選択いただけるように診察を行っています。
シャントを良好に保つことは、安定した透析を行うためにとても大切ですので、シャントの音が弱い、針を刺しにくいなど異常を感じたときは早めにご相談ください。

医師の紹介

寺田真也

寺田 真也
バスキュラアクセスセンター長

【専門分野】 心臓血管外科・バスキュラアクセス
【学  歴】 島根大学医学部(2003年卒)
【資  格】 心臓血管外科学会専門医・日本外科学会専門医・ICD認定医(Infection Control Doctor)

バスキュラーアクセス

  1. VAセンターのご案内

    当グループでは血液透析を行うために重要なシャントを長期間使用できるよう、シャント管理や治療に対し、積極的に取り組んでいます。 また…

  2. VA担当医・診療実績

    バスキュラーアクセスセンターの担当医・診療実績のご案内

  3. シャントへのこだわり

    シャント外来では、今のシャントを長く使いたいという患者さまのご希望にできる限りそえるように、手術だけでなく血管内治療(PTA)など…

  4. 透析シャントについて

    血液透析を行うには1分間に約150~200mlの血液を体の中から取り出して装置に循環させ、またその血液を体に返す必要があります。通…

  5. 当センターへのご紹介

    入院・転院のご相談や緊急のご依頼などについては地域医療連携室、または外来担当看護師まで電話にてお問い合わせください。