三康病院

腎臓内科

腎臓内科外来について

腎臓内科では腎臓の働きが低下する腎臓病の診断や治療を行います。
現在、慢性腎臓病の患者数は全国で1,300万人(成人の約8人に1人)とされ、新たな国民病といわれるくらい患者数の増加が問題となっています。
初期には自覚症状がないため気づかれにくい病気ですが、進行すると元に戻す治療法もなく、心不全など命に関わる症状が出てきます。
蛋白尿が腎臓病を早期に発見するきっかけになることがありますので、異常をいわれたことのある方は病気が潜んでいないか検査を受けておくことが大切です。

蛋白尿について  腎臓病と腎臓の働き  慢性腎臓病について

腎臓内科担当医表

腎臓内科担当医

腎臓内科外来の特長

腎臓内科専門医による治療チャート1

血尿、タンパク尿、腎機能異常といってもその原因は様々です。腎臓内科専門医と泌尿器科専門医の双方が在籍していることにより、それぞれの領域の疾患に合った適切な治療を行うことができます。

 

生活習慣の指導と栄養サポート

腎臓病の治療には生活習慣の指導と食事の管理が大切です。三康病院には常勤の管理栄養士が在籍していますので、医師、看護師と共に治療に参加し、食事の大切さと適切な管理が行えるよう、皆様のご相談にのりながらサポートを行います。 
栄養指導について

三康病院電話番号
Return Top