三康病院

シャント外来

シャント外来について(バスキュラーアクセスセンター)

シャント外来では、今のシャントを長く使いたいという患者さまのご希望にできる限りそえるように、手術だけでなく血管内治療(PTA)など他の治療法も選択いただけるように診察を行っています。
シャントを良好に保つことは、安定した透析を行うためにとても大切ですので、シャントの音が弱い、針を刺しにくいなど異常を感じたときは早めにご相談ください。

シャントについてくわしくはこちら
シャント管理の注意点

シャント外来担当医表

シャント外来担当医

シャント外来の特長

 早期診断と早期治療PTA1

受診いただいた当日に診察とエコーなどの必要な検査を受けていただくことができますので、その日のうちにある程度の診断と今後の治療計画を立てることができます。
また、シャント閉塞などの緊急手術や緊急血管内治療も行っています。

シャント手術

shunt-op

新たにシャントの作成を行う自己血管内シャント手術だけでなく、現在お使いのシャントを再建し、再び使用できる状態にする自己血管内シャント再建術も行っています。
また、血管が細く自己血管内シャントの作成が困難な方には、人工血管内シャント手術を行います。

 

負担の少ない血管内治療(PTA・血栓除去術)

外科的手術だけでなく、侵襲性の低いPTA(経皮的血管形成術)や経皮的血栓除去術による治療も行っています。再手術を行うことなく、現在お使いのシャントを長く使い続けることができます。 

PTAによる治療についてくわしくはこちら

pta2

下記のようなシャントトラブルでお困りの方はご相談ください

  • シャントの音が弱い、または音が聞こえない
  • 透析中、血液量が十分にとれない
  • 返血側の圧(静脈圧)が高い
  • 針の穿刺がうまくいかない
  • シャント側の腕が腫れる、または手指が冷たい
  • シャントに瘤(こぶ)があり、見た目を改善したい
三康病院電話番号
Return Top