三康病院

透析のシャントについて

シャント(バスキュラーアクセス)

血液透析を行うには1分間に約150~200ml(牛乳ビン約1本分)の血液を体の中から取り出して装置に循環させ、またその血液を体に返す必要があります。通常の静脈ではそれほど多くの血液を短時間に取り出すことはむずかしいので、血液を取り出すために腕の動脈と静脈をつなぎ合わせる手術を行います。これをシャント、またはバスキュラーアクセスといいます。

シャント管理の注意点

シャントの種類

自己血管内シャント

 自己血管内シャントシャントでは最も一般的な方法で、前腕の動脈と静脈をつなぎ合わせる手術を行います。これによって静脈内に動脈からたくさんの血液が流れ込むようになるため静脈が太くなり、この血管に注射をすることで透析に必要な血液を取り出すことができます。他のシャントと比べて、長期間使用できやすいなどの長所がありますが、手術後、静脈が太くなるまで数週間待つ必要があります。
(画像クリックで拡大します)

 

 

人工血管内シャント

 人工血管内シャント静脈が細いなどの理由から自己血管内シャントを作成できない場合に選択されます。人工の血管を皮下の浅い位置に埋め込み、腕の動脈と静脈をつなぎ合わせ、人工血管に注射を行うことで、透析に必要な血液量を取り出すことができるようになります。
手術後、早くから使用できるなどの利点がありますが、自己血管内シャントと比べて、人工血管とのつなぎ目が狭くなる(狭窄)などのトラブルが多い問題点もあります。
三康グループでは、人工血管を使用されている方に対し定期的な検査を実施し、トラブルを早期発見することにより、人工血管をできる限り長く使っていただけるよう工夫を行っています。
(画像クリックで拡大します)

三康病院電話番号
Return Top