三康病院

特定疾病療養受療症

特定疾病療養受療証とは

永続的な透析治療が必要な方は、手続きすることで現在加入中の健康保険から「特定疾病療養受療証」の交付を受けることができます。
交付を受けると医療費の自己負担限度額が、「原則1ヶ月1万円(70歳未満の方は収入に応じて1ヶ月2万円となる場合もあり)」となります。

交付申請窓口

申請窓口 : 現在加入中の健康保険の窓口
国民健康保険市区町村役所
国民健康保険課など
全国健康保険協会
(協会けんぽ)
全国健康保険協会各支部
組合健康保険各健康保険組合
共済組合保険各共済組合
後期高齢者医療制度市区町村役所 医療課など

手続き方法

  1. 申請窓口で交付申請書を受け取る
  2. 交付申請書を病院に提出し、医師の証明を受ける
  3. 証明を受けた「交付申請書」、「印鑑」、「医療保険証一式」を持ち、申請窓口で手続きを行う
  4. 交付された「特定疾病療養受療証」を病院に提示する

注意事項

  • 手続きは必ず透析が開始になってから行ってください
  • 入院中の食事代と個室代は含まれません
  • 1万円は病院別、外来別、入院別の扱いですので、場合によっては月額の医療費が2万円、3万円となることもあります
  • これは健康保険証とセットです。健康保険の加入先を変更する場合は、新たな加入先で改めて「特定疾病療養受療証」を交付してもらう必要があります
  • 透析医療を受けている病院から処方されたお薬代(院外薬局でのお支払い分)については、病院へ支払う1万円の医療費の中に含めることができます。薬局でのお支払い分に関しては、手続きを行うことで返還を受けることができます。手続き方法に関しては、加入している健康保険によって異なりますので窓口へお問い合わせください
三康病院電話番号
Return Top