三康病院

技師部(透析課)

透析課について

技師部透析課は北摂地域における泌尿器・腎臓内科、人工透析施設の一員として日々進歩する透析医療の知識と技術を研鑽し、患者さまの個別性に合った透析療法を提案、実施しています。
また、透析療法において安全で最良の機器を使用できるよう、透析機器のメンテナンスやオーバーホール等を行っています。

透析課の理念

日々進歩を続ける透析膜や、さまざまな透析関連機器を中心とする医療機器と、患者や他の医療スタッフとを安全・安楽・良質に結びつけることは医用工学のエキスパートである我々技師部透析課に与えられた使命である。

透析課の方針

  1. 透析を科学するための知識を蓄え、また俊敏で正確な技術力を養い、透析室の安全性と質の向上の中心的役割を担います。
  2. 医師をはじめ看護師その他の医療関係者と連携し、より円滑で効果的な医療を提供します。

透析課の取り組み

  • 在宅透析の管理(メンテナンス、透析指導など)在宅透析紹介画像

在宅透析を家庭で開始できるまでのプライミングや透析機器の操作を指導しています。
万一、在宅での透析中に機械トラブルが発生した場合でも、専任の技士が電話や自宅訪問で対応しています。
水処理装置や透析装置の定期点検、整備は臨床工学技士が毎月、各ご家庭まで伺いトラブル防止に努めています。

  • カーボスター(無酢酸透析液)の導入
    生体内にほとんど存在しない酢酸ナトリウムによる透析治療中の副作用(循環動態への影響、不均衡症候群の惹起)是正のために開発された無酢酸透析液を導入し、透析治療中の副作用軽減を図っています。
  • 透析液の浄化への取り組みエンドトキシンカットフィルター
     透析液の清浄化に向けて、エンドトキシンカットフィルターを設置することにより、エンドトキシン濃度を測定感度以下に維持しています。
    今後、最近汚染の問題も重要となってくることから、効果的な消毒方法(消毒剤の選択、消毒液濃度、頻度、作業時間短縮など)の調査、検討を行っていきます。

 医療機器安全管理責任者の設置

安全で信頼性の高い医療機器を提供するために、十分な知識や経験を有する医療医療機器安全管理図機器安全管理責任者を設置し、適切な機器の操作、保守点検を実施しています。

 

 ダイアライザーの評価、検討

各患者さまごとに透析データを集積して、十分な透析効率が得られているか常に分析し、医師への提言を行っています。
また、常に最新のダイアライザーに関する情報収集に努めています。

透析情報管理システムで患者情報を管理

 患者情報管理システムを用いて、透析条件や検査結果を元に治療効果等の分析を行い、より効率的な透析治療に役立てています。
また三康グループでは、グループ内の各施設からベッドの空き状況や透析条件などの入力、参照が行えるシステムを用いてグループ間で患者情報を共有しています。

学会、勉強会への参加

  • 日本透析医学会、大阪透析研究会への研究発表
  • 北摂腎不全カンファレンス(大阪医科大学主催)
  • すいれん会(大阪医科大学関連施設の勉強会)
  • 高槻茨木医療従事者会(三康病院主催)

 

三康病院電話番号
Return Top