当院の特色について

医療法人健栄会 三康病院グループは、三康病院を中心に三康病院附属診療所、三康クリニックおよび三康診療所をサテライトとする腎泌尿器科及び人工透析の専門医療グループです。
私共のグループは昭和55年三康病院設立以来、地域密接型の腎泌尿器科専門施設として、また北摂地域の透析基幹医療施設として多くの実績を上げております。

1.腎・泌尿器・人工透析 専門医療の提供

当院は、経験豊富な泌尿器科専門の医師が24時間常駐しています。入院設備も有しており腎泌尿器患者さまや透析患者さまの体調不良時にも安心していただけます。
また、腎臓内科専門医と泌尿器科専門医の双方が在籍していることにより、それぞれの専門領域の疾患に合った適切な治療を行っております。
>施設のご案内

2.最近増えている前立腺がんの早期発見

血清PSA (前立腺特異抗原)が上昇しているだけで前立腺がんと診断する事はできません。がんがあるかないかに加えて、どの程度の悪性度であるかを正確に診断するためには、組織検査(針生検)が必要です。当院は経会陰式と経直腸式の生検を行っている数少ない医療機関です。
>泌尿器科外来

3.一人ひとりに合った最新の透析医療の提供

最新の透析機器を導入し、患者さま一人ひとりの循環動態に応じた安全な治療を行っています。さらに透析支援システム「Future Net Web+」とリンクすることで、患者さまとの対話する時間を生み、日々の体調管理に努めています。
>透析の特長

4.働きながらでも通いやすい環境

お仕事で時間が限られる方でも通院しやすいように、平日は夜8時まで、土曜日も泌尿器科の診察を行っています。また、透析治療は血液透析以外に腹膜透析や在宅透析も行っており、患者さまの生活スタイルに応じた治療を選択していただけます。透析センターでは月曜日から土曜日の夜10時まで血液透析を行っておりますので、お仕事帰りでも通院していただけます。
>通院・施設見学をご希望の方

5.バスキュラーアクセストラブルへの対応

当院ではグループの患者さまはもちろん、グループ以外の透析患者さまの様々なシャントトラブルにも迅速に対応しております。突然のシャントトラブルでお困りの医療機関さまからのご相談も随時受け付けております。
>バスキュラーアクセスセンターのご案内

6.フットケア看護外来

フットケアはなぜ必要?
足は第2の心臓と言われている場所です。足に出来たイボ・タコ・魚の目・ひび割れや靴擦れを放置しておくと、日常生活にも支障が出てきます。そればかりか、早めに診察し適切なケアを行わないと最悪の場合悪化し、足への血の流れが悪くなることで、感染症から足を失う恐れもでてきます。糖尿病の患者様の場合は、感染や知覚障害(傷や痛みを感じにくくなる事)を起こしやすいため、足のケアには特に注意が必要となります。

フットケア看護外来では、足の健康状態をみるため、SPP(皮膚組織灌流圧)検査・下肢動脈硬化検査(足先の血液の流れと血管の硬さを調べる検査)や専門スタッフによる足の確認を行い、足病変の予防・早期発見に努めています。

*第1・3金曜日 15:30~ (予約制)

マゴット治療
動脈硬化により足の血流が悪い閉塞性動脈硬化症の患者さまには、血管外科専門医の診察を受けることができます。
また、足の治療に対しマゴット(無菌の虫)を使用した治療やLDL吸着療法を行っています。*マゴット治療は自費となります。

>看護部のページ