三康病院

膀胱癌

膀胱癌

膀胱癌は、50歳を超えたころから発生頻度が高くなり、男性のほうが女性より2~3倍なりやすいことが知られています。
また、喫煙も膀胱癌の危険因子の一つであることがわかっており、喫煙者は非喫煙者の約4倍程度、膀胱がんの発生率が高くなると報告されています。

膀胱癌の症状

痛みのない無症状の血尿が、膀胱がんの初期症状として最も多くみられます。血尿は見た目にわかるようなものも多いですが、尿検査を行ってみないとわからない場合もあります。
しばらくすると自然に血尿がおさまってしまうこともあるので、血尿がとまったからといって油断は禁物です。
排尿時の痛みや、頻尿など膀胱炎のような症状から膀胱癌がみつかることもありますので、血尿などの症状が出た場合は早めに診察を受けることが大切です。

膀胱癌発見のために必要な検査

まず「尿検査」を行い、顕微鏡を使って血尿があるかどうかを調べます。
次に「尿細胞診」、「超音波検査」、「CT」などの検査を行います。
いずれかの検査で膀胱がんが疑わしい場合には、膀胱の中を内視鏡で観察する「膀胱鏡」を行います。

膀胱がんの治療

内視鏡(膀胱鏡)で膀胱内に腫瘍が見つかった際には、多くの場合、診断と治療をかねて経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-BT)を行います。
切除された腫瘍から、癌の深さ(病期)と悪性度(異型度)を診断し、追加治療の必要性や、今後の治療方針を判断します。
浅いがん(表在性癌)で、悪性度も低い場合は経過観察となります。しかし、膀胱癌には再発しやすいという特徴もあるため、手術後も定期的に検査を行う必要があります。
表在性でも悪性度の高い癌であったり、深いがん(浸潤性癌)の場合は、追加治療や別の治療法が検討されます。

 

三康病院電話番号
Return Top