三康病院

前立腺肥大症

前立腺肥大症とは

前立腺は精液の一部を作っている男性特有の臓器です。膀胱の出口部にあり、尿道をとりまくように存在しています。
前立腺肥大症とは、この前立腺という臓器が年齢と共に徐々に大きく(肥大)なることにより、尿道を圧迫し様々な症状をひき起こします。
前立腺肥大症は中年以降の男性に最も多い病気の一つで、70歳の男性では約70%に前立腺肥大症が生じていると言われています。

前立腺肥大症の治療

薬物療法として、前立腺部の尿道抵抗を下げる「α遮断薬」、尿道の炎症やむくみをとる「植物製剤・アミノ酸製剤」、前立腺を縮小させる「ホルモン製剤」などがあります。
手術療法としては、内視鏡による「前立腺切除術」が一般的で最も効果が高いとされています。
最近では、より安全で苦痛の少ない治療法が開発され、中でも「温熱療法」は、頻尿などの症状に効果があり、日帰りで行うことも可能です。

三康病院電話番号
Return Top