三康病院

性器クラミジア感染症

性器クラミジア感染症について

クラミジアは性行為により主に泌尿生殖器に感染し、男性では「尿道炎」と「精巣上体炎」を、女性では「子宮頚管炎」と「骨盤内炎症性疾患」を発症しますが、男女ともに無症状の保菌者が多数存在します。

男性尿道炎

男性クラミジア性尿道炎は感染後、1~3週間で発症します。
発症は比較的緩やかで症状も軽度の場合が多く、尿道の掻痒感や不快感だけで無症状に近いことも少なくありません。

精巣上体炎(副睾丸炎)

男性クラミジア性尿道炎の5%程度に精巣上体炎を併発します。
中年以下の精巣上体炎の多くはクラミジアが原因とされます。クラミジア性精巣上体炎は、他の菌による精巣上体炎と比べ、腫脹は軽度で精巣上体尾部に限局することが多く、発熱の程度も軽いです。

子宮頚管炎

クラミジア性子宮頚管炎は感染後、1~3週間で発症します。この経過中にクラミジアは、子宮を経て上行性に腹腔内に侵入し、子宮付属器炎や骨盤腹膜炎をおこします。
まれに上腹部にも感染がひろがると肝周囲炎も発症します。子宮頚管炎の症状としては帯下増量感、不正出血、下腹部痛、性交痛などですが、女性器のクラミジア感染症の半数以上が、まったく症状を感じないともいわれています。

咽頭感染

オーラルセックスなどにより、咽頭にクラミジアが感染することがあります。
女性器にクラミジアが検出される場合は、無症状であっても10~20%は咽頭からもクラミジアが検出されます。性器に感染したものに比べ、治療に時間がかかるといわれています。

三康病院電話番号
Return Top