三康病院

性器ヘルペス

性器ヘルペスとは

性器ヘルペスは、単純ヘルペスウィルス1型(HSV-1)または2型(HSV-2)の感染によって、性器に浅い潰瘍性または水疱性病変を形成する疾患です。
HSVは性器に感染すると、神経を伝って上行し、仙髄神経節に潜伏感染します。潜伏感染したHSVは、何らかの刺激によって再活性化され、神経を伝って下降し、再び皮膚や粘膜に現れ病変を形成します。

男性の症状

  • 初発
    外陰部、または口や口唇からHSVが放出されているセックスパートナーとの性的接触により、2~10日間の潜伏期間に外性器に病変が出現します。
    性器にかゆみや違和感を伴った直径1~2mmの複数の水疱が出現し、3~5病日から水疱が破れて融合し、円形の有痛性の浅い潰瘍となり、1週間前後で最も重症化します。
    鼠径リンパ節腫脹や、尿道分泌物もみられます。病変は亀頭、陰茎体部に多く、大腿部や背部にもみられることがあります。
  • 再発
    本疾患は再発することが多く、再発時には初発時とほぼ同じ部位に水疱性、あるいは浅い潰瘍性病変を形成するが、症状は軽く、治癒までの期間も1週間以内と短いです。

女性の症状

  • 初発
    性行為などの感染の機会があってから2~10日の潜伏期をおいて、比較的突然に発症します。38℃以上の発熱を伴うこともあります。
    大陰唇や小陰唇から膣前庭部、会陰部にかけて浅い潰瘍性、または水疱性病変が多発します。感染は外陰部だけでなく、子宮頚管や膀胱にまでおよぶこともあります。疼痛が強く、排尿が困難でときに歩行も困難になります。
  • 再発
    再発時の症状は軽く、小さい潰瘍性または水疱性病変を1~数個形成するだけのことが多いです。大体は1週間以内に治癒しますが、再発の頻度が高く、月に2~3回から、年に1~2回再発する場合があります。
三康病院電話番号
Return Top