三康病院

淋菌感染症

淋菌感染症について

淋菌による感染症で、男性尿道、女性子宮頚管に感染し、管内性に感染を拡大して精巣上体炎、骨盤内炎症性疾患を生じます。
淋菌感染症は現在、世界各国で性器クラミジア感染症に次いで患者が多い疾患です。
男性淋菌性尿道炎が明白な自覚症状・他覚症状により治療の機会があるのに対して、女性淋菌感染症は自覚症状に欠ける場合があり、放置することにより不妊、母子感染など重篤な合併症を生じます。

男性淋菌性尿道炎

感染後、2~7日の潜伏期ののち、尿道炎症状である排尿時痛、尿道分泌物が出現します。分泌物は多量で黄白色、膿性で淋菌性尿道炎に特徴です。淋菌性尿道炎が治癒されないと、尿道内の淋菌が管内性に上行し、精巣上体炎をおこします。はじめは片側性ですが、治癒しないと両側性となり、治療後に無精子症を生じる場合があります。
局所の炎症症状は強く、陰嚢内容は手挙大に腫大し、局所の疼痛は歩行困難を訴えるほどです。多くは発熱を伴います。

淋菌性子宮頚管炎

一般に女性は感染しても無症状のことが多いので、無治療のまま男性の淋菌感染症の主たる感染源となります。

淋菌性咽頭炎

オーラルセックスの増加により、淋菌が咽頭から検出される例が増加し、男性、女性ともに性器の淋菌感染症例の30%程度が咽頭淋菌陽性です。
咽頭の炎症症状が自覚されない場合が多いです。

三康病院電話番号
Return Top