三康病院

尖形コンジローム

尖形コンジロームとは

性器へのヒト乳頭腫ウィルス(HPV)感染症で、大部分が性交あるいは、その類似行為によって感染するウィルス性性感染症です。
HPVは接触により、皮膚や粘膜の微小な傷から侵入し感染します。感染後、視診で観察できるまでに3週~8ヶ月(平均2.8ヶ月)を要します。
感染部位は主として外陰部、肛門周囲、子宮頚部、膣にみられ、乳頭状腫瘍が多発します。

症状

男性では陰茎の亀頭、冠状溝、包皮内外板、陰嚢、女性では大小陰唇、膣前庭、会陰、膣、また男女の肛門内、肛門周囲や尿道口に好発します。
乳頭状、鶏冠状の外観を呈し、淡紅色または褐色調のものが多く、時に巨大化することがあります。

治療

外科的切除、液体窒素による凍結療法、電気焼灼、炭酸ガスレーザーなどが保険の適応になっています。
しかし、潜在感染している可能性もあるので、最低3ヶ月は再発がないことを確認する必要があります。また、視診上治癒しても、3ヶ月以内に約25%は再発しますので注意が必要です。

三康病院電話番号
Return Top