三康病院

尿もれ(尿失禁)

尿失禁とは

尿失禁とは本人の意思とは無関係に尿が漏れ、日常生活に支障をきたしている状態をいいます。
最近の調査では、女性の30%に尿失禁が認められると報告されています。
女性に多い尿失禁とは、中年以降の女性では出産や老化の影響で、骨盤底筋群とよばれる骨盤の下から内臓を支えている筋肉が緩み、尿道出口部の抵抗が弱まり、咳やくしゃみなど、腹圧が急激に上昇した際に尿失禁が生じるタイプ(腹圧性尿失禁)が多いといわれています。

尿失禁の治療

弱くなった骨盤底筋群を強化する訓練や、尿道出口部の抵抗を高める薬剤(β刺激剤)などを用います。これらが無効な場合、手術療法を考慮します。
手術療法としてはこれまで、尿道周囲を下腹部からナイロン糸で吊り上げる方法が行われてきましたが、必ずしも満足いく結果が得られていませんでした。
しかし近年、より簡便な新しい手術法が開発され主流となりつつあり、当院でもこの手術方法を第一選択としています。

三康病院電話番号
Return Top